ホーム » 女性保険とは

女性保険とは

女性保険・イメージ

女性保険とは保険会社が販売している保険の種類のうち一般の保険より、女性特有の病気に対して保障を厚くし、女性限定で加入できる保険商品の事を言います。

女性特有の病気に対して入院給付金や手術給付金に一定額が上乗せされるなど保障を手厚くしており、 万が一、女性特有の病気と診断された場合には、一括でまとまったお金が受け取れたり、入院・手術給付金を一般の医療保険よりも増額して受け取る事ができます。

医療保障以外にも死亡、高度障害保険金や、積立ボーナス、健康ボーナスなどが貰える商品もあります。
特に女性の20〜40代は、男性よりも入院や手術をする人の割合が多いと言われており、乳がんや子宮頚がん、子宮筋腫や卵巣のう腫 等、女性特有の病気や妊娠に関わる疾患がとても多くなっています。

基本的には入院や手術をした時の医療保障のための保険となりますが、商品によっては予め設定された期間毎に生存給付金や無事故ボーナスが出るタイプがあり、その貯蓄性も魅力の1つとなり、女性から高い支持を受けています。

スポンサードリンク

Copyright © 女性保険・徹底解説 All Rights Reserved.